定期検診・予防歯科

Prevent

予防歯科の重要性

「歯医者は歯が痛くなってから行くもの」と思っていませんか? しかし、痛くなってから治療を受けるというサイクルのくり返しでは、歯に負担がか かってしまいます。また虫歯や歯周病は、痛み始めた時にはかなり進行していることが多いのです。たとえ虫歯や歯周病を治せても、すでに溶けてしまった歯や 顎の骨は元に戻りません。
お口の中の健康を保つためには、(1)毎日のきちんとした歯磨きと、(2)規則正しい生活習慣、そして(3)定期検診が必要なのです。

あなたはAさんとBさんどちらがいいですか?
定期検診を利用することでいつまでも健康で、歯の困りごとなんてなければよいですね。
私たちはそのためのサポーターです。

一番大切なのは虫歯や歯周病になる前に歯医者に行ってケアし、病気を未然に防ぐことです。虫歯・歯周病は自然に治ることはなく、最終的には歯を失ってしまいます。そうならないためにも、定期的なケアが重要なのです。当院では「ブラッシング 指導」「バイオフィルム除去」「フッ素塗布」「歯科ドッグ」などを行い、皆様がいつまでも健康的な歯を維持できるようサポートしています。ぜひお気軽にお 越しください。

検診ではどんな事をするの?

はい。定期検診で行うことは“気持ちのいいこと”です。痛いことはしません。
具体的には、
・自分では清掃できないところの虫歯菌・歯周病菌を取り除き、汚れを付きにくくします
・歯周病の進行の検査
・歯の清掃チェック
・噛み合わせのチェック
・フッ素などの虫歯予防処置

検診ではどんな事をするの?

・定期検診の日時をあらかじめお約束しておきます
 (万が一都合が悪くなった場合にはお電話にてお知らせください)
・年に2~3回行います

 

担当衛生士制

当院では担当衛生士制を採用し、患者様一人ひとりのお口の健康維持に責任を持って取り組んでいます。虫歯や歯周病のリスクを判断し、それぞれ患者様に最適な予防・治療プログラムを歯科医師と一緒に作り、丁寧に予防・治療を行っていきます。

 

PMTC - プロによるお口のクリーニング

どんなに毎日きちんと磨いているつもりでも、歯ブラシが届かない場所には、どうしても磨き残しができてしまいます。そのままにしておくと虫歯や歯周病になってしまうでしょう。

PMTC

そうならないためにもPMTCで汚れを除去し、虫歯や歯周病になりにくい歯にしましょう。PMTCとは、歯科衛生士や歯科医師による専用機器を用いた歯のクリーニングのこと。患者様の普段の磨き方などを踏まえて、磨き残しをしっかり除去してツルツルの歯にします。

普段のハミガキでは⋯

歯のすき間や、歯と歯ぐきの境目に、歯ブラシでは落とすことの難しい汚れが残っています。このネバネバした汚れをバイオフィルムといいます。 バイオフィルムには、バイ菌が住みつき放っておくと、むし歯や歯周病、口臭、全身のさまざまな病気の原因となります。

 

おすすめします

● P.M.T.Cは. 歯石の除去とはちがい、柔らかい特殊な器具を使うので、痛みはありません。
● P.M.T.Cに. よって歯の表面はバイ菌のいないとても清潔な状態になります。
● P.M.T.Cを. 3~4ヶ月に1度行なうことで非常に効果的にむし歯や歯周病を予防することができます。
● P.M.T.Cは. 、コーヒーやタバコによる着色が気になる方や、矯正治療中の方にもおすすめします。

 

PMTC症例

術前

インプラントのメインテナンス

インプラントのメインテナンス

インプラントを長く使い続けるためには、患者様自身のメインテナンスと医院での定期検診が重要に なってきす。メインテナンスは天然歯と同じようにブラッシングし、プラークコントロールをするのみです。もしそれを怠るとインプラントでも歯周病と同じよ うな症状を引き起こすことがあり、歯肉に炎症が出てきて骨吸収を起こすと、インプラントが抜け落ちてしまうケースもあります。

また、インプラントには神経が通っていないので、天然歯に比べて異常を発見されるのが遅れがちです。ネジの緩みなどは患者様自身では気付きません。正常に機能しているかどうかを確認するためにも、定期検診を受けるようにしましょう!

 

歯ブラシ選び

あなたは歯ブラシ、どこで選んでますか?スーパーですか?ドラックストアですか?自分の奥地の状態に合った歯ブラシを選べていますか?
沢山ある歯ブラシの中から、自分にあった歯ブラシを選び出すのって難しいですよね。誰かに聞きたくてもアルバイトの店員じゃわからないだろうし…

 

そこで提案です!歯の専門家の私たちに歯ブラシを選ばせてください!

当院では大人、子供、虫歯、歯周病などお口の中の状態に合わせた歯ブラシを取り揃えています。しかも歯科医院専門の歯科衛生学と人間工学に基づいた歯ブラシです。他では手に入りません。

まずは気軽にご相談ください。歯磨きのプロ、歯科衛生士があなたにあった歯ブラシをお選びします。またベストチョイスの歯磨き剤もご提案いたします。ご希望の方には歯の磨き残しを特殊な液で赤く染めて、マンツーマンで歯磨きトレーニングをいたします(保険診療)。

いつまでも健康な歯で食べ続けられますように。

 

歯みがきのポイント

ムシ歯や歯周病の予防は、まず毎日の歯みがきから。 毎日歯みがきで、しっかりと歯がきれいに磨けるよう 歯みがきが上手にできるポイントをまとめてみました。

[1]歯ブラシの持ち方

鉛筆を持つように軽くにぎります。

 

[2]歯を磨く順番

磨き忘れがないように順番を決めておくとよいでしょう。
※順番は必ずしも図のようにしなくて良いですが、重複しないようにしましょう

 

[3]歯ブラシの動かし方

歯ブラシを小刻みに動かします(1ヶ所でだいたい10~20回程度)。

 

[4]歯ブラシの当て方

 

[5]デンタルフロスの使い方

歯ブラシだけでは歯と歯の隙間の汚れを落とすのは難しいので、 デンタルフロス(糸ようじ)を使用しましょう。

ちょっとしたコツを知ることで、磨き残しをかなり減らすことができます。
ムシ歯と歯周病の予防は毎日の歯みがきから!

歯間ブラシの使い方

歯間ブラシの種類とサイズ

歯間ブラシの使い方

歯間部にゆっくり歯間ブラシを挿入して前後に数回動かします。
このとき歯肉(歯ぐき)を傷つけないよう 気をつけましょう。

使い終わったらブラシ部分を水洗いして乾燥させておきましょう。

 

正しく使うために

★歯と歯の間が狭く、挿入しにくい場合、無理に差し込んだり回転させないようにしましょう。歯ぐきを痛めます。

★毛先が傷んでバラバラになった歯間ブラシや、ワイヤーが曲がってしまった歯間ブラシは使わないようにしましょう。

★「歯ブラシで磨いた後の歯間ブラシ」を毎日の習慣にしましょう。

 

 

デンタルフロス

歯ブラシだけでは、おとしきれない汚れをおとします。

使い方

種 類

★アンワックスタイプ ⋯⋯⋯ よりプラークを除去しやすい

★ワックスタイプ ⋯⋯⋯⋯⋯ すべりが良いので糸を通しやすい

 

フッ素とシーラントでムシ歯予防

フッ素の働きと使用法

フッ素には大きく3つの働きがあります。この働きによりムシ歯予防に効果を発揮します。


歯を強くする

フッ素が歯に取り込まれ、ムシ歯に強い(溶けにくい)歯を作ります。


再石灰化を促進する

自然治癒が可能な初期のムシ歯では、治癒を助けることができます。


ムシ歯菌を抑制する

フッ素が歯垢(プラーク)に入り、歯を 溶かす酸が作られるのをおさえます。


奥歯のムシ歯予防にはシーラント



生えたての奥歯は、溝が深く複雑で、歯ブラシが届きにくいため、食べかすやバイ菌がたまりやすい場所です。   溝がシーラント材でふさがれました。歯ブラシも当たりやすく、汚れがたまりにくくなりました。   シーラントでバリアー!
しかもフッ素配合だから、さらに効果的。