妊産婦歯科

母子感染の予防

お母さんのむし歯菌が子どもに感染する母子感染が問題になっています。
授乳時期はお子さまの将来のお口の健康にとって、とても大切な時期です。
ご一緒にお子さまのお口の健康を考えましょう。

 

母子感染を防ぐために  気をつけたい事は?

口移しでものを食べさせたり、大人が使った箸で赤ちゃんに食事をさせたりすると、ミュータンス菌などの細菌が増えてお口の中の病気の原因となる事があります。
生後1才半から3才がむし歯菌の住み着く時期です。
しかし、子どもとのスキンシップを止めることはありません。なによりも、お母さんのむし歯の治療や予防が大切なのです。

お子さんのむし歯予防には、
まずお母さんのお口の健康が大切です。

 

左のグラフは、お母さんのお口の中のばい菌の数とその子どもたちのむし歯になる割合を示しています。
お母さんのお口にばい菌が多いと子どももむし歯になる可能性が高くなるのがわかります。

 

お母さんのお口の健康状態について歯科医院で検査してもらい、
むし歯予防のアドバイスをしてもらいましょう。

 

右のグラフは、歯科医院で治療やお口の清掃をしてもらった母親としなかった母親で子どものむし歯のでき方の違いを表したものです。

お母さんのお口をきれいにすると子どももむし歯ができにくくなりますね。

 

母子感染の予防と口腔ケア

感染の窓

感染の窓とは、最も母子感染しやすい特に危険な時期のことで、乳歯の奥歯が生えてくる1才半~3才くらいの間のことを言います。ムシ歯の原因菌であるミュータンス菌が感染する時期が遅ければ遅いほどお子さまのムシ歯予防につながります。

母子感染を予防するための口腔ケア

歯科医院で歯のクリーニング PMTC

PMTCとは専用の機械を使用し、歯ブラシでは簡単に落とすことのできないバイ菌の集合体(バイオフィルム)を
徹底的に取り除くお口のクリーニングです。3~4ヶ月に1度に行うことで、非常に効果的にムシ歯や歯周病を予防
することができます。

食後のキシリトール

キシリトールにはミュータンス菌の活動を弱め、感染を防いだり、歯垢をはがれやすくするなどの効果があります。

フッ素の利用

フッ素には歯の結晶の構成(歯質)を強くしたり、ムシ歯の原因菌の活動を抑える効果があります。

 

生まれてくる赤ちゃんのムシ歯予防のために
お口の健康チェックと歯のクリーニングを始めましょう!!