インプラント

インプラント治療とは

インプラント治療とは、歯が抜け落ちてしまった部分の顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上から人工歯を取り付ける治療です。人工歯根の埋入後、一定の治癒期間をおき、顎の骨と人工歯根がしっかり結合したことを確認して人工歯を取り付けます。

天然歯と同じように固定された歯の根を持つ構造なので、天然歯と同程度の咀嚼(そしゃく)力があり、しっかり物を噛むことができます。また、人工歯はセラミックでできているので見た目もとても自然です。違和感がなく他の健康な歯に負担もかけません。毎食後のブラッシングと、歯科医院での定期検診でケアしてください。

 

一本欠損の修復方法

一本欠損の場合には様々な修復方法があり、どの方法にも利点と欠点が混在しております。
以下の特徴をよく把握してご自分のライフスタイルと今後の食生活を考えて選択していきましょう。

インプラント


顎の骨に人工歯根となる金属を埋め込み、その金属を土台にして人工の歯を取り付ける治療。自分の歯がよみがえったような見た目と噛みやすさが特徴です。

 

隣り合う歯へのダメージ 外科の必要 審美性 食べやすさ
なし あり ◎ or ○
違和感 装着までの時間 耐久性 保険対応
なし 4~6ヶ月 ×

 

自費ブリッジ


隣の歯を削って特別な材料を使用して型を取り専門の技工士さんが顕微鏡を 使用して作成、接着セットします。良好な審美性と精密さを特徴とします。

 

隣り合う歯へのダメージ 外科の必要 審美性 食べやすさ

あり

なし
違和感 装着までの時間 耐久性 保険対応
なし 2週間 ×

 

保険ブリッジ


隣の歯を削って一緒に被せます。前歯であれば白くする事も出来ますし、保険 の適応する治療方法ですので、比較的安価ですみ、よく噛めます。

 

隣り合う歯へのダメージ 外科の必要 審美性 食べやすさ

あり

なし ○ or ×
違和感 装着までの時間 耐久性 保険対応
なし 1週間

 

入れ歯


隣り合う歯を切削する必要が全くありません。また、取り外しが可能なため、 清掃も自分で簡単に出来ます。

 

隣り合う歯へのダメージ 外科の必要 審美性 食べやすさ

なし

なし ×
違和感 装着までの時間 耐久性 保険対応
あり 1週間

 

接着ブリッジ


隣の歯を削らずに、直接人工の歯を接着させる方法です。取れやすいですが、 取れても自分の歯へのダメージはほとんどない歯に優しい治療法です。

 

隣り合う歯へのダメージ 外科の必要 審美性 食べやすさ

なし

なし ○ or × ×
違和感 装着までの時間 耐久性 保険対応
あり 1週間 × ×

 

※上記の方法以外に、矯正、自家歯牙移植(親知らずなど使っていない歯を移植して使う方法)がありますが、適応症が非常に限られてきますのでご相談ください。

 

当医院のインプラントメーカー

当院では「リプレイス セレクト インプラント」を採用しています。このインプラントはノーベルバイオケア社から発売された最新のものです。世界中にあるインプラントメーカーの大半は、 ノーベルバイオケア社を模倣しているほどで、同社はFDA(アメリカ食品医薬品局)で唯一即時負荷の認証を得ているインプラントを取り扱っています。その 実績を元に開発されたのが「リプレイス セレクト インプラント」です。スクリュータイプのインプラントで、コンパクトにできているのが特徴です。顎の骨が小さい日本人に最適で、先細り形態なため人工歯根を理想的な部分に埋入することができます。

また、先細り形態になっているため、理想の位置に埋入できるのです。人工歯のバリエーションも多く、より美しい仕上がりが手に入ります。

症例

 

オールオン4(オールオン6)

オールオン4 (All-on-4)はインプラントを利用した最先端の治療法で、総入れ歯をお使いの方や多く歯をなくした方、インプラント治療を受けるには骨の量が足り ないと診断された方のために生まれました。すべての人工歯を4本のインプラントで支えるので、インプラント埋入数を減らすことができ、患者様の負担を軽減 させます。なお上顎の場合は必要に応じて6本埋入する場合もあり、これをオールオン6(All-on-6)と呼びます。

症例

 

インプラント装着後のメンテナンス

インプラント(人口歯根)は、入れ歯やブリッジよりも長年に渡って使い続けることができますが、歯や骨の状態、咬み合わせや全身の健康状態などのバランスを崩せば、長持ちさせることはできません。 インプラントを口の中で良好な状態に保つためには、治療後のメンテナンスが大切です。

 

インプラントは定期的なメンテナンスが必要です


インプラントはチタンなどの金属でできているのでムシ歯にはなりません。 しかし、磨き残しによって付着した細菌がインプラント周囲の組織に悪影響を及ぼし、歯周病を 引き起こすことでインプラントが使えなくなってしまうことがあります。 インプラント周囲の組織のインプラントのケア方法は、天然の歯と同じく毎日の歯みがきが基本です。
歯周病にならないために、正しいブラッシングを毎食後きちんと行うことが大切です。
また、歯ブラシだけでは、歯と歯の隙間の汚れを落とすのは難しいので、
デンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシを使用しましょう。、異常に気づいた時にはかなり進行した 状態で手遅れになってしまう場合もあります。このような症状を早期発見・早期治療することが 定期メンテナンスの大きな目的のひとつです。

ご家庭で丁寧なブラッシングを心がけましょう


インプラントのケア方法は、天然の歯と同じく毎日の歯みがきが基本です。 歯周病にならないために、正しいブラッシングを毎食後きちんと行うことが大切です。 また、歯ブラシだけでは、歯と歯の隙間の汚れを落とすのは難しいので、 デンタルフロス(糸ようじ)歯間ブラシを使用しましょう。


気になることがありましたらお電話にてお問い合わせください。
TEL:03-5944-5549